引越しを繰り替えして感じたこと

生まれてから今もずっと賃貸暮らしなので単身の引越しは何度も経験しています。

親元を離れてからは一人で暮らしたり、ルームシェアしたり、そのルームメイトも状況の変化によって二人になったり三人になったりします。

最高5人で一軒の家を借りてシェアしたこともあります。

でも誰か一人、二人事情で出て行くと一人分の家賃が高くなって払いきれず引越しを余儀なくされます。

引越しにはいつも近くの友人知人たちが手伝ってくれます。

もちろん自分も友人が引っ越すときには手伝っています。

以前近くへ引っ越したときレンタカーでトラックを借りたことがありますが、そのトラックの運転手と助手の女の人は引越しの業者ではないものの、引越しの荷物の運び方、手順をよく知っており、慣れた手つきで手際よく手伝ってくれました。

あとから友人たちも大勢来てくれて二時間そこらであっという間に終わりました。

わたしの場合、荷物が極めて少なく、高級な家具、家電がないのでこんなやりかたで安くすんでしまいますが、そうでない人はやはり専門の引越し業者に頼むほうが無難です。

やはりお金持ちは引越し代もそれなりにかかるということでしょうか。

いずれにしろ引越しを繰り返して感じたことは、不要なものは常に手放す習慣をつけておくべきだ、ということです。

これで引越しに伴う時間と労力がかなり軽減されます。

「シンプル・イズ・ベスト」がわたしのモットーのようになっています。

また、友人知人が引っ越すときは簡単な食事や飲み物を差し入れすると喜ばれます。

でも自宅やレストランに食事招待することはNGです。

引越し当日は他の人と雑談するより、運び込んだ荷物をかたずけながら食べたい、という気分だからです。

郵便局での住所変更手続は引越しの前日に行う必要があります。

引っ越したあとで手続きしても最初の2,3日は旧住所宛に郵便物が届いてしまって配達人に苦情を言われたことがあるので。

引越しはいろいろ面倒で煩わしいことがつきものですが、気分転換になり楽しい体験でもあります。